So-net無料ブログ作成

新型フィットRS、乗ってきた [自動車]

急に涼しくなってきましたね砕蔵ですコンバンハ(´・ω・`)

先週に続き、今日も早朝ドライブは趣向を変えて・・・。
千葉県は香取市にある「Honda Cars 香取東 小見川店」さまに。

なんでココに向かったのかと言うと・・・。
ホンダの公式HPで新型フィットで検索、RSの試乗車に絞ったところ一番近いのがココでした。
地元中心から77.7㌖、結構遠い次に近いのが栃木でした。
どちらに向うもそれほど変わらないようでしたが、近いこちらのクルマは何と6MTデス。

マニュアルの試乗車って、たぶん貴重ですよね。

栃木の方はCVT車ですので、迷わず千葉のお店を選びました。
出発時にナビをセットしたら、実走行距離は100㌔超えとなりましたw
HP検索は直線距離なんですかね、栃木の方が近いこともあるのかなぁ・・・?

じいさんシビックで高速道路を走る、同乗者なしでなんて贅沢なドライブだw
今年はタイヤを新品にした、ずっとフラットスポット付きだったから快適です。
変な振動が無いって、気持ちいいですねぇ。

10時を少し回ったころに到着、お気に入りの愛車なら長距離走るのも楽しい。
ボクにとってクルマって、目的地に向かうためのものでは無い。
クルマの運転をすることが、一番の目的なんだってことを再確認した。

Honda Cars 香取東 小見川店さま(画像は公式より拝借)

main01_01.jpg

とても広いお店で、駐車場へも入り易かった。
店内も綺麗で椅子も豪華、豪華すぎてボクには背もたれに背中が届かないほどw

事前に試乗申し込みはしていましたが、距離が距離なので昼過ぎで一応申し込んでいた。
開店直後に着くとは、何とも非常識なオラですかねぇ・・・。

じいさんシビックの侵入を見て、たまたま迎えに出てくれた店員さん。
試乗申し込みの対応をしてくれた方でした。
こんなに早く来るとは当然考えていなかったらしく、これから洗車をしようと思っていたとのこと。
そんなに汚いのかと思ったが、全然綺麗なクルマでしたよ。

2時間走ってきた後なので、まずは店内で説明を聞くことにした。
一番気になっていたのは「ホンダ・センシング」で、安全装備の充実っぷりは凄いですね。
このシステムが装備されていれば、日常頻繁に発生する「ヒヤリ、はっと」の危険が大幅に軽減されることは間違いないですね。
クルマは人が操るもので、機械に制御されて何が楽しいという方もいらっしゃいますが・・・。
このシステムは、不完全な人間の不足する部分を補ってくれるものらしい。
いざという時にサポートしてくれるシステムで、主体はあくまで運転する人間です。
自動運転とは異なり、運転する楽しみをスポイルするものでは無いですね。
日常で使うことが主であるなら、プラス7万円は決して高い金額では無さそうです。

サーキット等を走る場合は、気分の良くない動きをする場合もあるとのことです。
急なコーナー等、障害物とシステムが誤認するケースが在るらしい。
車間距離も適切に制御されたら、何時まで経っても前走車を抜けませんしね。

どの機能も必要に応じて切ることが出来ますので、未設定車と同様にできるから装着車を選ぶのが正解だと思う。

装備の充実っぷりも凄い、エアバッグはサイド・カーテンエアバッグ(前席・後席対応)までRSは標準で装備。
LEDヘッドライトにLEDフォグ、セキュリティアラームにエコアシストまで標準装備です。
リアディスクブレーキが標準なのは嬉しいですが、16インチアルミホイールは好きなのを選びたいかなぁ・・・。

全てレスオプションは無し、まぁ知ってましたけどねぇ。

レカロ社やBRIDE社製のスポーツシート装着には、サイドエアバッグも都合が良くないと思いますがどうするんですかね?

さて前置きが長くなりましたが、お目当ての愛しき君とご対面。

IMG_1026.JPG

白いRSくんは、ボクの希望カラーとも合致していて嬉しいですね。
うん、横から見るとフィットだw

初めての店舗でいきなり試乗に来て、バシバシ写真を撮る勇気が無かったので内装などの写真は撮れませんでした。

乗ってみると標準シートの割には、着座位置に違和感は無い。
決して高すぎるという印象は無く、考えられているなぁといったところ。
RS専用ステアリングは太さも握り易くて、本革の質感も上々で良いですね。
付属するスイッチは少し邪魔ですが、エアバッグステアリングである以上は交換もままならないと思いますので我慢するしか無いですね。

自発光式のメーターパネルは綺麗です、センシング装備車に付くマルチインフォメーション・ディスプレイは速度標識とか出て面白いよ。

あれっ、タコメーター針が無いんだ。

形状は普通ですが、ゲージの周りを回転数に応じてレベルバーが走る感じですね。
見方は普通のタコメーターと変わらないので混乱は無いですが、不思議な感じです。

走り出すと力は十分です、クラッチの踏みしろは少し長いですがGE8のそれよりは随分と短くスポーティーになっています。
それよりクラッチが軽いので、深く踏む必要が在ろうが負担は少ないですね。
加速も実にスムーズで、好きな時に好きな加速が得られのはマニュアルの特権ですね。
CVTですと、ここに微妙なズレを感じることが有るんですよね。
電スロの影響でマニュアルでも多少ズレは有りますが、パワー感が在る分全然許容範囲内です。

暫らく走って信号待ちで、「ストン」とエンジン止まって焦った。
アイドリング・ストップはマニュアル車でも装備されているとは座敷くまさんから聞いてはいたが・・・。
いざ止まると、少しびっくりしたし焦った。

やべぇ、エンストしたっ!!

運転下手くそな若かりし頃の焦りが、一瞬脳裏をよぎった。
アイドリング・ストップはカットできるそうですが、ここは機能を堪能する為あえて切らずに行くことにした。

走っていて、車内は非常に静かです。
足回りも非常に良く出来ているようで、乗り心地も上々。
一般道の凸凹も、嫌なショックも無しに通過していきます。
一クラスも二クラスも上に感じる、ボディもアシもしっかりしているんだと思う。
その分加速にはパンチが不足しているかも、132PSで1,100㎏ならこの位でしょうね。

直進安定性は凄く良いです、正直運転がとても楽です。
ウチのフィットくんは、直進時にステアリングの微調整が結構必要です。
細かい作業なのですが、これは結構負担で疲れるところです。
じいさんの方がこれは少ないんですけど、試乗車のフィットはシビックと同等かそれ以上に少ない。
コーナーリングについても、GE8に比べて随分と良くなっています。
ウチのフィットくんはコーナーで自分のイメージとクルマの向きに若干のずれが在った、出口で切り増しが必要なケースが在りました。
足を変えたり補強をしたりで、やっとイメージ通りにしたという経緯があります。
この安定性は大きいですね、一気に新型好きになっちゃいました。

じいさんもウチのフィットくんも、路面の状況でやんちゃな動きをします。
脚やタイヤの影響だと思いますが、試乗車のそれは非常に紳士的で高級感が在りました。
上質な印象で好感が持てますが、ロールなどを抑えようとすればきっと同じ道を歩むことになると思うのでこの辺はきっと考慮する必要は無いのかも知れません。

シフトもストロークが少なくカチっと入る、なんかスポーツカー走らせている気分になります。
この部分は後から改善することが難しい部分ですので、非常に嬉しいところですね。

6速に入れる時に、誤ってリバースに入れちゃうことは無いのか・・・?
古い人のボクにとって、最大の心配はそこである。
今回はそれを試すこともできた、店員さんが気を使って走れるコースを選んでくれた。

結果は、大丈夫っぽいです。
4速(ニュートラル)から5速に入れる際に右側に力を入れてシフトしますが、6速に入れる時は5速から素直に下に力を入れるだけで容易に6速に入ります。
無駄な力を入れずに操作することで、スムーズな操作が出来るんですね。
心配すること全然なかったです、十分にボクでも使えそうなレベルでした。

永めに走らせていただくことが出来、とても楽しかった。
新型フィットRS、物凄く良いクルマです。
ホンダ・センシングとは上手に付き合っていければ、事故は確実に減らせますね。
前モデルの我が家のRSに比べて、全体的に良くなっていることを実感しました。
やはりクルマは新しい方がイイ、イイに決まっている。

じゃぁ、乗り換えるの?

そう問われると、実は少し微妙です。

クルマを物と考えれば、答えは当然YESなんです。
ボクのクルマとの付き合い方は、実は少し違います。
クルマを選ぶなら、好きなクルマが良い。
クルマを好きになるのは、どんなところかと言うと・・・。

性能じゃないんです。

それは例えばエンジンだったり、デザインだったり。
じいさんを選んだのはエンジンと、シビックと言う名前でした。
F-1と同じサスペンションを前後に装備とか、軽快そうな最後のシビック(タイプR発表前の感想)だとか。
顔が好き、グリルが無い方が格好良く感じたし。
フィットくんを選んだのは、初代の可愛らしいデザインを受け継いだ外観とRSというグレードの復活から。
アクティブ・プラスのバンパーが、ジェット戦闘機のイメージをボクに与えて格好良く見えたから。
どちらのクルマも今では一線を退いた感はありますが、ボクの中では色あせない魅力を持ち続けています。

最初の選択時に、当然性能は重要です。
でも付き合っていくうちに、性能の優先順位は低くなってきます。
ボクの性分で結構弄ってしまうので、結局基本性能は変わってきます。
先に良いと書いた乗り味についても、ボクの所でどうにか変わっていくのだろうと予想するのは容易です。
付き合っている時間で、その個体に対する愛着も当然存在します。
同じ車種でも当然、ウチの子と人の子は違うんです。

新型、凄くイイです。
でも残念ながら、ウチの子を手放すほどの起爆剤は在りませんでした。
じいさんにいたっては、下取り査定でないから負担も大きすぎるし・・・。
ダブルウィッシュボーン好きなミーハーだし・・・。
何だかんだ言っても、B16Aは未だ現役で競える性能だと思うし(燃費以外でw)。
グリルは無い方が、格好良いと思うし・・・。
フィットくんのアクティブバンパーよりカッコイイ外観のパーツ、見つからないし・・・。
ボンネットにダクト付いたし・・・。
15インチのホイールが好きだし、テールランプは電球の方がいいし・・・。
鈴木亜久里が販促DVDで褒めてたし・・・。

これらを一蹴出来るほどの魅力的なクルマ、出てくるのだろうか・・・?

IMG_1029.JPG

結局、ボクが乗り換えるとしたら・・・。

きっと、こいつらが壊れた時なんだろうね。

クルマ屋さんごめんなさい、色々親切に対応していただきましたが買えそうにはありませんでした。
でも新型車にはいつも興味があるので、また色んな所に試乗に行きます。
増収には繋がらないとは思いますが、蹴らないでくださいw

じいさんが200万で売れるなら考えますけどネ(´・ω・`)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る
Copyright (C) 2002-2008 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.ブログを作る(無料) powered by So-netブログ kie02_3.gif