So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

相方、HSDMでの活躍 [自動車]

いよいよ梅雨本番ですね砕蔵デスこんばんは(´・ω・`)

今年度最初の「Honda Sports Driving Meeting」が、ツインリンクもてぎで開催されました。
今回は相方が走るってことで、行ってきましたよ。

このイベントは対象車種が幅広くて、車種限定イベントとしては結構無節操な印象だ。

DSCN7524.JPG

最も大きいNSXから、最少はフィットRSと決して同じカテゴリーには括り辛い顔ぶれ。
ウチのは最も小さい車種のうえ、同じフィット中で最も古くて最も非力で唯一のCVT。
哂えない三重苦であるが、果たしてどうなる事やら・・・。

特別講師は久しぶりの「岡田 秀樹」先生、嬉しくてオリエンテーションからテンションあがるね。

DSCN7527.JPG

タイヤの使い方、一連のトレーニングでのポイント等を抑えて実戦へと誘います。

いざ走る前には、正しいドラポジのレクチャーもありました。

DSCN7530.JPG

個別には過去にもありましたが、一斉にってのは初めてでしたね。

DSCN7538.JPG

正しいポジションってのは、意外と窮屈っぽい。
いざという時にステアが切れないとかやばいので、しっかり身に着けて挑みましょう。

先にも書きましたが、参加車両は様々です。

DSCN7540.JPG

今回から、シビックハッチバックが新たに対象となっています。
早速じいさんで参加可能か問い合わせたが、回答は現行シビックのみとのことでした。
残念です参加不可能です、相方と一緒に参加という野望は未だ達成できそうにありません。

DSCN7541.JPG

今回は現行シビックハッチバックの参加は在りませんね、現行シビックRは結構居ます。
午前中のトレーニングパークでのトレーニングは、2グループに分けての実施。
1限目はブレーキング、低μ路でのブレーキコントロールです。

DSCN7542.JPG

一定踏率で目標地点にピッタリ止まる、停止体制に入ってからの調整は無しだ。

DSCN7543.JPG

踏力を自在にコントロールできれば、例えばリアに荷重を残しつつコーナーへと言った高等テクニックも使いこなせるようになるかも。

DSCN7557.JPG

ABSを作動させないギリギリのブレーキングを、ここで練習しますよ。
たっぷり練習できるので、参加者みんな上達しているのが判ります。

これを踏まえて、続くスキッドリカバリーへと移行。

DSCN7578.JPG

一定速度で走行中、突然スピン状態になる施設で車体のコントロールをします。
わかりましたかー? はーいw

毎回、このスキッドリカバリーは見ていても楽しいカリキュラムです。
何もしなければ、車体はほぼ真後ろを向くほど回転します。

DSCN7610.JPG

相方は今回も、毎回満面笑顔でスピンしまくっていました。

それでもステアを右に左に操作して、車体を安定させるスキルは大したものだと思った。
結構うまい、ボクはこのカリキュラム結構苦手なんだけどね。

お昼を挟んで、午後はいよいよコース走行となります。

DSCN7638.JPG

ここからはヘルメット及びグローブ着用で、アクセルも思いっきり踏める授業です。
南コースを使っての中高速コーナリングは、時間差でスタートしての単走です。

DSCN7689.JPG

自分のペースで設定されたコーナーを、如何にスムーズにクリアするか。
自分との闘いとも思えるカリキュラムですが、先導も無いのでともすれば全開率は非常に高いです。
全課程の中で、もしかしたら最も楽しい内容かもしれない。

相方はここでも無難以上にこなしていました、時には前走者に追いつきそうなほどでした。
最も戦闘力の低いクルマで、想定以上のスキルを発揮していてビックリです。

ここまでの内容を見て、相方の運転技術に心配は無い事を初めて実感しました。

こういったイベントへ参加される方は、どちらかというとクルマ好きが集まっていると思います。
相方は普段、実は殆どクルマの運転をしません。
フィットくんは相方のクルマですが、運転はほぼボクがします。
そんな相方が、恐らくコッチ寄りの他の参加者の中で全く遜色無い走りをしているのに驚きました。
緊張して楽しめないのではと心配もしていたのですが、終始笑顔で走っているところは寧ろ感心した。

南コースを後にして、最後はフルコースでの先導走行です。

DSCN7693.JPG

スタート前は、コース上にクルマを停めての写真撮影時間もありました。

参加者を性能別に4グループに分けて、先導車に続いてフルコースを走ります。

DSCN7704.JPG

相方のグループは、アコードユーロR、フィットRS×3のグループです。
車間距離は約1秒キープ、一般道では近すぎる車間距離を維持しないと先導車はペースを上げてくれません。
きちんと車間距離をキープすることが出来れば、より高速域への門が開かれます。

DSCN7714.JPG

1本目は様子見でしょうか、それ程ペースは上がらず他の高速車グループに抜かれるシーンも多かった。
グループ内でも走行中に順番を入れ替え、交代で誰もが先頭を走ります。

DSCN7735.JPG

ここでも相方は入れ替えも無難に熟し、グループに迷惑を掛けることなく走行していた。
1本目実は別の理由で、先導車がペースを上げられなかった事実が発覚w
理由は差し控えますが、我が一族がこのグループに迷惑を掛けてしまいました。

2本目は、トレーナーさん曰く「フィットRSの限界に挑戦する」とのことでした。
バックストレート最終160kmが、最終目標です。

因みにボクは、2本目先導車のシビックRに同乗させていただきました。

明らかに1本目より速い速度で、必死?に付いてくる参加者車両を特別席で見ることが出来ました。

DSCN7754.JPG

皆さんきっちり車間をキープされており、順調に速度域は上がっていきました。

DSCN7758.JPG

ご覧のとおり、結構近い。
がんばってるがんばってる、着いて来るね~と先導車の中でボクとトレーナーさんは大爆笑。

DSCN7765.JPG

ブレーキを要するコーナーを抜けると、CVTはMTに比べ立ち上がりにハンデがある。
それでもその特性を理解し、相方は早めのアクセルonをしているようであまり離れずに来ている。

DSCN7790.JPG

最終的には終速160kmも達成、さぞや必死だったのではとトレーナーさんと話していた。

DSCN7822.JPG

左側の寄せに甘いところは見られるけど、相当レベルが高いと褒めていた。
サーキット走行も最終的にはそれっぽい走りになっていた、先導車のラインをきちんとトレースしようと頑張っていた。

最終的にはここまで寄せてきた、ぶつける気かwww

DSCN7895.JPG

全てのカリキュラムを終えて、相方は本当に一日楽しめたようでした。
午後のカリキュラム中は、ボクも走りたくてしょうがなかった羨ましかった。
クルマの運転を許された以上、クルマを速く走らせたいと思うのはボクにとって自然な欲求だ。
公道でこの欲求を満たすのは、非常にリスキーで社会的にも非道徳な行いとなる可能性もある。
こういったイベントに積極的に参加することが、最も安全で最良な選択だと思う。

相方は二度目の参加である、彼女が興味を持ってくれたことは非常にありがたい。
自ら参加したいと今回は申し出たし、こういう楽しみを十分に理解されていることは事実だと思う。

そんなに運転好きじゃないよね、ボクは相方にそれとなく聞いてみた。

別に嫌いじゃないよ、相方はケロっと答えた。

でも普段は殆ど運転しないよね、好きじゃないのかと思ってたよとボク。

ワタシより運転が好きな人が居るから、悪ぶれも無く彼女は言った。

そうなのである、全てはボクのせいなのだ。
考えてみれば、AT限定免許だった相方はボクと出会ってから限定解除も済ませている。
ぼくのじいさんマシンがMTだから、当然それを運転する為だった。
限定解除後、上手く運転することは叶わなかったが経験を重ねることで解決できるはずである。
ボクが相方の運転の機会を大きく妨げていたこと、今更ながら気が付くことになった。

再びMTの練習をして、新型シビックRとかに興味を持ってくれないかなぁとも思う。
いつか相方と2台で、いやいずれウチの怪獣と3台でツーリングとか行きたいね。
ドライビングミーティングにも一緒に参加したい、出るなら終始同じグループで走りたいですね。
じいさんはABS付いてないので、スキッドリカバリーは最悪の結果になりそうで少し怖いけどw

今更ながら、夢は膨らみます。

DSCN7896.JPG

見学していても、一日楽しかった。

時代は自動運転や、ぶつからない装備にどうしても注目が集まっています。
そういうシステムを売りにしているが、それは大きな間違いだと思う。
エアバックが在るからぶつかっても大丈夫、違いますよね。
エアバックは、作動させちゃダメなんです。
自動ブレーキでぶつからない、違いますよね。
7~80km出てたら、自動ブレーキは作動範囲を超えていることが多い。
ごく低速で作動する装備で、絶対にぶつからないというものではない。
そんな作動させてはいけない装備の為に、今のクルマは例外なく大きく重くなっています。
歩行者とぶつかったときの為に、クルマのボディもスマートさを失い格好悪く進化した。
クルマも法律も、間違った方向に進み続けている昨今。
もはや8~90年代にあった格好良いクルマは生まれてこないと思います。
岡田先生はそんな話もされました、同感です非常に残念です。

色々と目が覚める内容で、何回参加しても新しい発見が有るイベントだと思う。
また是非参加したい、ASTPのスタッフの皆様本当にありがとうございました。

次は11月ですが、じいさんマシンで参加しちゃダメですかwww

先導車のFDシビックRは室内もジェントルでじいさんがおもちゃというかお粗末に感じた(´・ω・`)
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

愛車と出会って23年! [自動車]

すっかり夏の陽気ですね暑いです砕蔵デスこんばんは(´・ω・`)

そう思ったとたん、夜は寒い。
調子狂うよねぇ、冬服もまだしまえないですね。

さて、システムに記事を催促されているので書いてみます。

先日じいさんマシンも、無事車検をクリアしました。
また2年間、大手を振って公道を走行することが許されました。

p1.jpg

5月15日で愛車と出会って23年になります!
この1年の愛車との思い出を振り返ります!

■この1年でこんなパーツを付けました!

・Spoon BRAKE PAD,REAR [製品番号]43022-EFA-000(消耗により交換)

■この1年でこんな整備をしました!

・車検整備
・ウェザーストラップ交換
・リアウォッシャー修理
・ホーンボタン変更(失敗、未完)

■愛車のイイね!数(2018年05月19日時点)
441イイね!

■これからいじりたいところは・・・

・車高をあと2~3cm落としたいけど、車高調はいらないなぁ・・・
・しっかりしたセミバケットシートが2脚欲しい
・無限ウイングサイレンサーマフラー再販させて装着(夢)
・ヘッドライトを何とかしたい
・直近の問題として、ラヂエターの交換をしたい

■愛車に一言

図らずにも、また車検更新してしまいました。
また2年間、お付き合いをよろしくお願いします。
登録更新記念に、ツインリンクもてぎで行われた「2018 VTECOFFLINEMEETING!」に参加してきた。
他の用事もあり午前中だけの参加でしたが、同じ世代を生きたクルマが沢山集まった様子を楽しんできました。

IMG_1556.JPG

生産されてから相当時間の経ったクルマばかり、40台以上集まったでしょうか。
じいさんと同じEGも多かったし、初期のタイプRも多数集まった。
ボクがじいさんを購入した当時、クルマは10年経ったら値無しと言われていた。
それを超えて大事に乗り続けるって人もあまりおらず、スーパーカーでもなければ潰してしまうことが多かったと思う。
ましてや大衆車であるシビックが、今未だこんなに注目している人が多いことは驚きである。
いったいこのクルマの何処に、今の人たちは価値を見出しているのでしょうか。
謎です疑問です、ましてや今は売値がとんでも戦士ムテキングなくお高いです。
今から購入される皆様に、ボクは何もアドバイスはできませんが・・・。
大事な愛車と、楽しいカーライフをおくられますように。

車種ごとに並べるよう指示を受け、ボクは赤いEGに挟まれて駐車。

IMG_1560.JPG

隣の赤い子は、頭Dのレプリカマシンでしょうか?
オーナーさんは女性っぽかったけど、彼は意外と人気が在るのでしょうか。
ホンダがFRを出したら買うと宣言していたのに、S2000はとうとう購入されなかったようですね。
彼もボクと一緒で、腐れ縁で乗り続ける道に足を踏み入れてしまったのかもね。

走行距離50万㌔のZCエンジン、展示していました。

IMG_1567.JPG

B型も基本的に、同程度の耐久力が在るらしいと言われていました。
そんなに長距離を、OH無しで走行しようという気にはさすがになりませんが・・・。
耐久力はかなりあるのだと、実感いたしました。

ボクのじいさんの年間走行距離を考えると、ざっとあと80年は大丈夫ですw

ボクが先におっ死んじゃいます、無念後は頼むw

特に大事にされていた訳では無く、最高速とかやっていたとか何とか・・・。
適度に回してあげる方が、エンジンには良いと昔聞いたことが有ります。
その時は回さないと、回らないエンジンになるというニュアンスでしたが・・・。
経年によるダメージにも影響が在るのかな、やはりクルマは走らせてなんぼですよね。
これからもどんどん乗って、ボクも走行距離を刻んでいこうと思います。

さて、じいさんの今後のチューニングについてですが・・・。
強大なパワーには興味が無く、今後大きな仕様変更は無いと思います。
ほぼ寿命を迎えているラヂエターは、何とか交換したいです。
あとは暗いヘッドライト、もう高性能702Kバルブは入手できません。
ガラス製の純正ヘッドライトAssyが欲しい、英国製ヘッドライト頼みますよネーポンさんw

今年のミーティングは、所要もありバタバタして他のオーナーさんとの情報交換がほとんどできませんでした。
次の機会が在れば、是非ゆっくりと参加したいと思います。

参加者全車両参加のサーキットクルーズとか、是非プログラムに加えていただけると嬉しいです。

>>愛車プロフィールはこちら

※この記事は2018 VTECOFFLINEMEETING! についてもちょっとだけ書いています。

それにつけてもおやつのカールが買えないですよ残念無念(´・ω・`)
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

愛車と出会って10年! [自動車]

4月28日で愛車と出会って10年になります!

p1.jpg

この1年の愛車との思い出を振り返ります!

■この1年でこんなパーツを付けました!

・POTENZA Adrenalin RE003
・MUGEN BrakePad Type Touring

■この1年でこんな整備をしました!

・CVTオイル交換
・エンジンオイル交換
・ブレーキ関係メンテナンス
・板金修理

■愛車のイイね!数(2018年04月22日時点)

・264イイね!

■これからいじりたいところは・・・

・スーパーチャージャー装着♪

無限RZ用の遠心式スーパーチャージャーシステム、補機類含めて一式入手できないかなぁ。

■愛車に一言

新しいと思っていたのに、もう10年経ったのか・・・。
じいさんマシンと付き合っていると、すっかり感覚がおかしくなってるね。
新型フィットも、ビッグマイナーやって相当経ってるしそりゃそうだ。
新車で購入できるクルマで、ボクの好みに限りなく近い状態で入手可能だったギリギリの子だった。
以後のクルマは、6速だったり(うちの子はCVTだけどw)サイドエアバッグ標準だったりナビは購入時装着確定だったり16インチだったり大袈裟な電子制御てんこ盛りだったり電スロだったりハードブレーキで四灯ピカピカしたりアイドルストップしたり・・・。
現在のクルマには、正直いらないものが多すぎます。
四輪ディスクブレーキであれば、正直あとはABSが有ればイイと思う。

色々な便利装備を開発されることに異議はありませんが、買う側が選べる環境は残して欲しいです。

この子を購入できたことは、本当にラッキーだったと思います。

ホンダはまた、Nを出すようです。

N-VAN、もうNシリーズはいらねぇよ!!

軽自動車を普通車並みの贅沢装備で飾り、高額な商品をズラリと揃えたラインナップ。
この商品価格だと、普通車と何等変わらないのではと錯覚します。
軽自動車はもういいから、もっと楽しいコンパクト出してください。
1500cc前後の軽快なヤツ、昔のターボⅡみたいなのが欲しいっすよ。
名前だけのシビックは、ボクには必要ありません。
シビックって、むかしベンチマークカーって言ってませんでしたっけ?

今のホンダに、ボクが選べるクルマは無い。
それはとても残念な事ですが、世間の普通がボクのそれと少し違うってことなんだと思う。
自動で走るクルマ、それって何処が楽しいんですかね。

クルマって何だろう?

改めて考えなきゃいけない、本当は必要ないものになってるのか?

やべぇ、愚痴になってきた・・・。
お目汚し失礼しました、きっとスイフトに嫉妬してるんですスンマセン・・・。

IMG_1432.JPG

>>愛車プロフィールはこちら
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

たまには健康診断とか・・・ [自動車]

すっかり冬らしくなってきましたね砕蔵ですコンバンハ(´・ω・`)

週末の早朝ドライブも、暖機に時間が掛かるようになりました。
じいさんシビックはスタッドレス無いから、もうすぐシーズンオフでしょうかね。
久しぶりに今週末は天気が良く、綺麗なボディでお出かけ。

いつもの道の駅へ向かいますが、今回は別に目的があります。

安心の総点検 by:ホンダツインカム

maintenance-300x225[1].jpg

ホンダの中古車を買った方、そして新車から乗り続けている方にもおすすめのプロによるトータルチェックサービス。
チューニング/カスタマイズのプロがあなたのクルマを徹底チェックします。

劣化やトラブルでの異常はないか?
少しでも疑問に思ったら、すぐにお電話下さい。

この点検ですが、キャンペーン中で条件を満たすと料金が半額になるそうです。

10年経過、10万キロ以上の方へ限定キャンペーン 料金: 3,240円 (要予約)

IMG_1184.JPG

『永らく愛車を大切にされてきた方へ特別企画!』
ホンダファンの皆様をしっかり応援、期間限定のサービスです。
2017年11月18日 – 12月24日まで期間限定開催します。

ホンダ車を保有されており、ご利用条件を満たされた方で「安心の総点検」をご希望の方には、通常 3,240円 の作業料金を1,620円!何と半額です!

【期間限定開催キャンペーンのご利用条件】

永らくホンダ車を愛車として大切にされてきた方。
10年を経過、総走行距離が10万キロ以上の方。
キャンペーンは利用期限を超えて使用することはできません。

利用期限:2017年12月24日

以上、公式HPより抜粋(画像含む)

車検・法定点検とは全く違う角度から弱点をチェックとか、なかなか興味を惹く謳い文句。
エンジンルーム、排気系、足まわり、ブレーキ系など全40項目を、レースメカニックがあなたの愛車を健康診断とか凄いのか凄いのか・・・?

既に高齢なじいさん、走行中にボキッっといかれても怖い。
余裕で条件をクリアしてるので、物は試しで申し込んでみました。

ホンダツインカム杉戸さんは、普段の目的地からほんの少し先にある。
いつものように道の駅で軽く朝食をとってから、ショップへ向かいました。

53073397.jpg

4号線沿いに在るので一見通いやすそうなのですが、店の前に着けるには少し迷うかも。
受け付けには車検証を求められた、車検証が必要なんだねナンデカナ?
簡単な車両状態の質問に答えながら淡々と受付、コーヒー出てきた。

ワンオーナーなんですか、珍しいですね言われた。

車検証で所有者履歴が判るのかな、他の車検証あんまり見た記憶ないから知らなかった。
綺麗ですね、売ってくれとか言われないですかと聞かれた。
言われたこと一度もない、きっとそんな変態はそうは居ないw

一通り受付終わってキーを渡すと、メカの人じいさんに乗って周辺を一回りしてから工場へ。

DSCN7466.JPG

走行状態を確認したんだろうね、みっともない動きはしなかっただろうか・・・。

ボンネットを開けてジャッキアップして、いよいよ点検開始です。

DSCN7467.JPG

まっ平らなオートジャッキで、ポイント合わせながら数センチ上げるとき「バキッ」ってサイドステップ鳴らしやがった。
後からジャッキポイントに積み木入れてた、最初からやれよ割れたらどうすんだ・・・。

初っ端から不安がよぎる立ち上がりで、少々心配になった。

とりあえず、点検開始です。

DSCN7468.JPG

レーシングメカニックが、どんな所を診るっていうのかは知らんが作業はなんか普通。
プラグ外して状態見たり、ボンネット内をあっちこっと触ってみたり。

タイヤを外して、ライトで中を覗き込んでみたり。

DSCN7470.JPG

あんまり公開してないけど、じいさんはビルシュタインです(汚いね)これフロント。

後ろも同様に点検、こっちもビルシュタイン(汚いね)です。

DSCN7471.JPG

ノーマル脚だと思っていた方、残念でしたw
ってか、誰も興味ないですよね。

タイヤの空気圧調べたりとか、なんか更に普通www

最後にジャッキアップして下回りの点検、ライト使ってあっちこっち見てる。
色々と触っているようだが、車検整備とどの辺が違うのか最後まで僕には判らなかった。

せっかく上げたんで、下からの写真を一枚撮っておいた。

DSCN7475.JPG

ここら辺は洗車しないし、他の人より汚れているのかなぁ判らん。

作業終了後に受け取った診断結果40項目中、指摘を受けたのは次の通り。
・E/Gオイルのにじみ(下廻り)
 フィルターこぼし?
・クラッチ油圧系の状態(ワイヤー)
 フルード汚れ
・ブレーキフルードの量・汚れ
 少々汚れ
・ブレーキパッドの残量
 Fr 3分 Rr 3分 交換時期
・ブレーキローターの状態
 Fr 摩耗 Rr 摩耗 交換時期
・ブッシュの状態
 ひび割れ有

などなど・・・。
先週にオイル交換したけど、フィルターも交換した際にオイルこぼれたんだね。
漏れてはいないようですので、問題点じゃないよね。
そのほかの部分も、通常点検で言われそうな気ガス・・・。

指摘にならなかった他の項目も、特別新しいものは見当たらないぞw

やべ~、全部終わっても車検・法定点検とどこが違うのか判らないwww

とりあえず深刻な問題点は無いことが保証された、安心して乗れると太鼓判をいただいたので良しとするか。

次の車検(H30.5)でパッドは交換予定でしたが、ローターも交換しないといけないのか。
ローターってスリッド入りとかあるけど、純正とどっちがイイかなぁ。
ブッシュは単価は安いけど、工賃結構高いしやだなぁ・・・。

春までそんなに走行距離は伸びないと思うので、パーツ調べて準備しておこうかな。
お勧めのパーツがある方は、是非ご連絡をお願いいたします。

いや~次の車検で屋根塗る予定ですが、更にお金がかかりそうな予感。
ホイールとか新しいの欲しいんだけど、やっぱ当分買えそうもないな。
買えないうちに走れなくなる可能性、更に加速中ですね。

貯金貯金貯金開始です、春までにそれなり拵えないとですね。

最近また若い方がEGシビックを手に入れる案件、ちらほら発生しているようです。
古いクルマですので、健康状態にはくれぐれも注意してください。

今年もあと40日弱、健やかに新年を迎えられるように~(´・ω・`)
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

グローブ到着しました [自動車]

久し振りに雨あがりましたね砕蔵ですコンバンハ(´・ω・`)

先日ご紹介した「レーシンググローブ」、本日到着しました。

IMG_1110.JPG

相変わらずフィット感が良く、革のしなやかさは絶品です。
今回はMサイズを購入、指先に余りも少なく操作に違和感は感じません。
ステアリングを握るのが、楽しくなります。

緑色は相方の為、赤色は怪獣の為に購入。

あれ?
ボクのはどうしよう・・・w

青色のグローブについては、10年程前に生産されたものらしい。
当時工場に他社様用として染めた青と黒の生地があって、元々予定した赤と緑に追加したという経緯で商品化されたものだそうです。
その後は土屋氏の使用色である今の2色展開になったとのことで、今後青色が追加になる可能性は限りなく低いというか無いらしい。
商売としての販売と言うよりは、自分が本当に使いたいものを作るという体制なんでしょうね。
そういう意味でも、間違った製品では無い事は伺えます。

色は、我慢ですかねぇ。

緑色のLサイズは、早々に完売となっていました。
赤色のMサイズも、さっき完売になったΣ(´゚Д゚`)

グローブを検討されている人は、急ぎチェックをお勧めします。

みなさまはグローブって、何年ぐらい同じもの使うのでしょうか(´・ω・`)?
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

レーシンググローブ再販開始されました [自動車]

寒いです雨ばかりです砕蔵ですコンバンハ(´・ω・`)

K1PLANNINGで長期欠品中だった「レーシンググローブ」、ついに販売再開。

レーシンググローブ

RG_001.jpg

FIA非公認ではあるが、土屋氏が拘りぬいて作った職人グローブ。
その使い心地は、一度身に付ければ納得です。
砕蔵も以前のモデルを愛用しており、他のグローブに替えることが考えられず再販を待ち望んでいた一人です。

今回販売再開に当たり、一部旧製品と異なる部分もあるようです。

素材は旧商品と同素材だが、緑の色合いが異なります。

手首のベルト部分はグローブと同カラーの縁取りになり、K1PLANNINGのロゴはタグから刺繍になってます。
更に今回は、サイズが選択可能となってました。
旧製品はフリーサイズの一択でしたが、今回はMとLの2種類の中から選択可能。
ちなみに砕蔵が使っている旧製品は、現Mサイズとなるそうです。

旧製品は4色からカラーの選択が出来たのですが、今回は緑と赤の2色となっています。

価格は少し上がっていて、1双8,640円(税込)ですが十分リーズナブルです。
ボクのは確か、6,000円でしたね。

一度欠品となると、長期間購入が出来ない商品です。
私も早急に注文します、色をどうするか非常に悩みますけどね。

さて、K1PLANNINGさんのラインナップですが・・・。
土屋圭市ヘルメット、グローブと販売されました。
こうなってくると、既に予告されて久しいですが「レーシングスーツ」の発売が何時になるのか気になりますね。
ボクはさすがにスーツまでは必要無いですが、デザインは完全レプリカだそうです。
更に、個別オーダーも可能となるそうです。
オリジナルデザインはそのままに、カラーの変更といったところだと聞いた気がする。

楽しみです。

K1PLANNING

土屋圭市ファンの方は、要チェックですよ(´・ω・`)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

新型フィットRS、乗ってきた [自動車]

急に涼しくなってきましたね砕蔵ですコンバンハ(´・ω・`)

先週に続き、今日も早朝ドライブは趣向を変えて・・・。
千葉県は香取市にある「Honda Cars 香取東 小見川店」さまに。

なんでココに向かったのかと言うと・・・。
ホンダの公式HPで新型フィットで検索、RSの試乗車に絞ったところ一番近いのがココでした。
地元中心から77.7㌖、結構遠い次に近いのが栃木でした。
どちらに向うもそれほど変わらないようでしたが、近いこちらのクルマは何と6MTデス。

マニュアルの試乗車って、たぶん貴重ですよね。

栃木の方はCVT車ですので、迷わず千葉のお店を選びました。
出発時にナビをセットしたら、実走行距離は100㌔超えとなりましたw
HP検索は直線距離なんですかね、栃木の方が近いこともあるのかなぁ・・・?

じいさんシビックで高速道路を走る、同乗者なしでなんて贅沢なドライブだw
今年はタイヤを新品にした、ずっとフラットスポット付きだったから快適です。
変な振動が無いって、気持ちいいですねぇ。

10時を少し回ったころに到着、お気に入りの愛車なら長距離走るのも楽しい。
ボクにとってクルマって、目的地に向かうためのものでは無い。
クルマの運転をすることが、一番の目的なんだってことを再確認した。

Honda Cars 香取東 小見川店さま(画像は公式より拝借)

main01_01.jpg

とても広いお店で、駐車場へも入り易かった。
店内も綺麗で椅子も豪華、豪華すぎてボクには背もたれに背中が届かないほどw

事前に試乗申し込みはしていましたが、距離が距離なので昼過ぎで一応申し込んでいた。
開店直後に着くとは、何とも非常識なオラですかねぇ・・・。

じいさんシビックの侵入を見て、たまたま迎えに出てくれた店員さん。
試乗申し込みの対応をしてくれた方でした。
こんなに早く来るとは当然考えていなかったらしく、これから洗車をしようと思っていたとのこと。
そんなに汚いのかと思ったが、全然綺麗なクルマでしたよ。

2時間走ってきた後なので、まずは店内で説明を聞くことにした。
一番気になっていたのは「ホンダ・センシング」で、安全装備の充実っぷりは凄いですね。
このシステムが装備されていれば、日常頻繁に発生する「ヒヤリ、はっと」の危険が大幅に軽減されることは間違いないですね。
クルマは人が操るもので、機械に制御されて何が楽しいという方もいらっしゃいますが・・・。
このシステムは、不完全な人間の不足する部分を補ってくれるものらしい。
いざという時にサポートしてくれるシステムで、主体はあくまで運転する人間です。
自動運転とは異なり、運転する楽しみをスポイルするものでは無いですね。
日常で使うことが主であるなら、プラス7万円は決して高い金額では無さそうです。

サーキット等を走る場合は、気分の良くない動きをする場合もあるとのことです。
急なコーナー等、障害物とシステムが誤認するケースが在るらしい。
車間距離も適切に制御されたら、何時まで経っても前走車を抜けませんしね。

どの機能も必要に応じて切ることが出来ますので、未設定車と同様にできるから装着車を選ぶのが正解だと思う。

装備の充実っぷりも凄い、エアバッグはサイド・カーテンエアバッグ(前席・後席対応)までRSは標準で装備。
LEDヘッドライトにLEDフォグ、セキュリティアラームにエコアシストまで標準装備です。
リアディスクブレーキが標準なのは嬉しいですが、16インチアルミホイールは好きなのを選びたいかなぁ・・・。

全てレスオプションは無し、まぁ知ってましたけどねぇ。

レカロ社やBRIDE社製のスポーツシート装着には、サイドエアバッグも都合が良くないと思いますがどうするんですかね?

さて前置きが長くなりましたが、お目当ての愛しき君とご対面。

IMG_1026.JPG

白いRSくんは、ボクの希望カラーとも合致していて嬉しいですね。
うん、横から見るとフィットだw

初めての店舗でいきなり試乗に来て、バシバシ写真を撮る勇気が無かったので内装などの写真は撮れませんでした。

乗ってみると標準シートの割には、着座位置に違和感は無い。
決して高すぎるという印象は無く、考えられているなぁといったところ。
RS専用ステアリングは太さも握り易くて、本革の質感も上々で良いですね。
付属するスイッチは少し邪魔ですが、エアバッグステアリングである以上は交換もままならないと思いますので我慢するしか無いですね。

自発光式のメーターパネルは綺麗です、センシング装備車に付くマルチインフォメーション・ディスプレイは速度標識とか出て面白いよ。

あれっ、タコメーター針が無いんだ。

形状は普通ですが、ゲージの周りを回転数に応じてレベルバーが走る感じですね。
見方は普通のタコメーターと変わらないので混乱は無いですが、不思議な感じです。

走り出すと力は十分です、クラッチの踏みしろは少し長いですがGE8のそれよりは随分と短くスポーティーになっています。
それよりクラッチが軽いので、深く踏む必要が在ろうが負担は少ないですね。
加速も実にスムーズで、好きな時に好きな加速が得られのはマニュアルの特権ですね。
CVTですと、ここに微妙なズレを感じることが有るんですよね。
電スロの影響でマニュアルでも多少ズレは有りますが、パワー感が在る分全然許容範囲内です。

暫らく走って信号待ちで、「ストン」とエンジン止まって焦った。
アイドリング・ストップはマニュアル車でも装備されているとは座敷くまさんから聞いてはいたが・・・。
いざ止まると、少しびっくりしたし焦った。

やべぇ、エンストしたっ!!

運転下手くそな若かりし頃の焦りが、一瞬脳裏をよぎった。
アイドリング・ストップはカットできるそうですが、ここは機能を堪能する為あえて切らずに行くことにした。

走っていて、車内は非常に静かです。
足回りも非常に良く出来ているようで、乗り心地も上々。
一般道の凸凹も、嫌なショックも無しに通過していきます。
一クラスも二クラスも上に感じる、ボディもアシもしっかりしているんだと思う。
その分加速にはパンチが不足しているかも、132PSで1,100㎏ならこの位でしょうね。

直進安定性は凄く良いです、正直運転がとても楽です。
ウチのフィットくんは、直進時にステアリングの微調整が結構必要です。
細かい作業なのですが、これは結構負担で疲れるところです。
じいさんの方がこれは少ないんですけど、試乗車のフィットはシビックと同等かそれ以上に少ない。
コーナーリングについても、GE8に比べて随分と良くなっています。
ウチのフィットくんはコーナーで自分のイメージとクルマの向きに若干のずれが在った、出口で切り増しが必要なケースが在りました。
足を変えたり補強をしたりで、やっとイメージ通りにしたという経緯があります。
この安定性は大きいですね、一気に新型好きになっちゃいました。

じいさんもウチのフィットくんも、路面の状況でやんちゃな動きをします。
脚やタイヤの影響だと思いますが、試乗車のそれは非常に紳士的で高級感が在りました。
上質な印象で好感が持てますが、ロールなどを抑えようとすればきっと同じ道を歩むことになると思うのでこの辺はきっと考慮する必要は無いのかも知れません。

シフトもストロークが少なくカチっと入る、なんかスポーツカー走らせている気分になります。
この部分は後から改善することが難しい部分ですので、非常に嬉しいところですね。

6速に入れる時に、誤ってリバースに入れちゃうことは無いのか・・・?
古い人のボクにとって、最大の心配はそこである。
今回はそれを試すこともできた、店員さんが気を使って走れるコースを選んでくれた。

結果は、大丈夫っぽいです。
4速(ニュートラル)から5速に入れる際に右側に力を入れてシフトしますが、6速に入れる時は5速から素直に下に力を入れるだけで容易に6速に入ります。
無駄な力を入れずに操作することで、スムーズな操作が出来るんですね。
心配すること全然なかったです、十分にボクでも使えそうなレベルでした。

永めに走らせていただくことが出来、とても楽しかった。
新型フィットRS、物凄く良いクルマです。
ホンダ・センシングとは上手に付き合っていければ、事故は確実に減らせますね。
前モデルの我が家のRSに比べて、全体的に良くなっていることを実感しました。
やはりクルマは新しい方がイイ、イイに決まっている。

じゃぁ、乗り換えるの?

そう問われると、実は少し微妙です。

クルマを物と考えれば、答えは当然YESなんです。
ボクのクルマとの付き合い方は、実は少し違います。
クルマを選ぶなら、好きなクルマが良い。
クルマを好きになるのは、どんなところかと言うと・・・。

性能じゃないんです。

それは例えばエンジンだったり、デザインだったり。
じいさんを選んだのはエンジンと、シビックと言う名前でした。
F-1と同じサスペンションを前後に装備とか、軽快そうな最後のシビック(タイプR発表前の感想)だとか。
顔が好き、グリルが無い方が格好良く感じたし。
フィットくんを選んだのは、初代の可愛らしいデザインを受け継いだ外観とRSというグレードの復活から。
アクティブ・プラスのバンパーが、ジェット戦闘機のイメージをボクに与えて格好良く見えたから。
どちらのクルマも今では一線を退いた感はありますが、ボクの中では色あせない魅力を持ち続けています。

最初の選択時に、当然性能は重要です。
でも付き合っていくうちに、性能の優先順位は低くなってきます。
ボクの性分で結構弄ってしまうので、結局基本性能は変わってきます。
先に良いと書いた乗り味についても、ボクの所でどうにか変わっていくのだろうと予想するのは容易です。
付き合っている時間で、その個体に対する愛着も当然存在します。
同じ車種でも当然、ウチの子と人の子は違うんです。

新型、凄くイイです。
でも残念ながら、ウチの子を手放すほどの起爆剤は在りませんでした。
じいさんにいたっては、下取り査定でないから負担も大きすぎるし・・・。
ダブルウィッシュボーン好きなミーハーだし・・・。
何だかんだ言っても、B16Aは未だ現役で競える性能だと思うし(燃費以外でw)。
グリルは無い方が、格好良いと思うし・・・。
フィットくんのアクティブバンパーよりカッコイイ外観のパーツ、見つからないし・・・。
ボンネットにダクト付いたし・・・。
15インチのホイールが好きだし、テールランプは電球の方がいいし・・・。
鈴木亜久里が販促DVDで褒めてたし・・・。

これらを一蹴出来るほどの魅力的なクルマ、出てくるのだろうか・・・?

IMG_1029.JPG

結局、ボクが乗り換えるとしたら・・・。

きっと、こいつらが壊れた時なんだろうね。

クルマ屋さんごめんなさい、色々親切に対応していただきましたが買えそうにはありませんでした。
でも新型車にはいつも興味があるので、また色んな所に試乗に行きます。
増収には繋がらないとは思いますが、蹴らないでくださいw

じいさんが200万で売れるなら考えますけどネ(´・ω・`)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

新型フィットRS、見てきた [自動車]

残暑が厳しいですね砕蔵ですコンバンハ(´・ω・`)

早朝ドライブも、少し出発時間が遅れるとまだまだ暑いですね。
じいさんのエアコンは冷えがいまいちなので、結局今日も汗だくでした。

本日のドライブは、いつもと趣向を変えて初めてのディーラーさまへ。
現行フィットがMCして暫く経ち、走ってる姿もちらほら見るようになった。
そんじゃあいっちょ、現物を観に行って見ようということで・・・。
お目当てはRS一本なので、ホンダHPで試乗車・展示車検索。
行きつけのDはおろか、近くには無くて少し遠いところへ。
3店舗ヒットしたけど、全て展示車で試乗は無理そうでした。
その中で一番近いところへ向かいました、ナビが付いてると何処でも行ける♪

入口は広くて駐車場も停め易い、イイ感じのDでした。
じいさんで乗り付けたボクを誘導してくれたのは、たまたま居合わせちゃった女性のフロントさん。
フィットが目当てだとだけ聞くと、試乗車準備するから店内で待ってほしいとのこと。
ボクはRSしか気になってないのだが、少し慌てているのかそこまで話すことが出来ず店内へ。
じいさんにびっくりしたのか、場違いなホンダ車は他のお客のクルマの隣で行儀よく待機。
うむ、同じメーカーのクルマとは思えないちゃっちい外見。
背が低くて立体感の無いボディは、既に昔のクルマの佇まいですかね。
案の定用意された試乗車は標準モデルでしたので、丁寧にお断りしました。

ホンダのHPでココにRSの展示車が在るって見て、実車が観たいんです。

そう話すと、それではと快く案内していただけました。

じゃーん、本物のRSとご対面。

IMG_1019.JPG

標準グレードでも「S」が付くものは同じバンパーが付いていて、既に見てはいたがやはりスポーティFバンパーは格好良いです。
改めて見るとグリル下部の張り出しは迫力あるし、グリル自体も随分とボンネット先端より前に出てるんですね。
なんか彫の深いクロマニ〇ン人っぽい顔か、ってな程のインパクトですね。
こういう凹凸って、在ると無いではやはり存在感に差が出ますね。
ボクは嫌いじゃないです、MC前より断然イケメンに進化してますね。
FMCでハンサム顔になりましたが、更に磨きが掛かってますよ。

そういえばバックミラーが黒い、ボディ同色じゃないんだ今回は・・・。
ボクはあんまり興味無いんですが、ココをわざわざ黒くする人居ますよね。
今回は標準でこうなっているらしい、こんなところにも流行の影響でしょうか。
黒いドアミラーっていうと、ボクには低グレードの証みたいな印象なんですが・・・。

小さな部分ではありますが、ボクと世間とのギャップを感じたところです。

リアスポもいい感じにリア周りを引き締めてる、OPのテールゲートスポもカッコイイから追加したいですね。
後ろからだとマフラー出口が控えめで、そこだけが残念なところでしょうか。

外観の印象は、そんなところでしたね。

続いてインテリアの印象、中は新車の匂いがしました。

IMG_1021.JPG

ステアリングは程よい小径で、オレンジのステッチがスポーティ。
火が入っていないのでメーターは見えませんが、パネルの視認性も良好です。
ハンドルを握った感じは太さもボクは好きですね、レザーの手触りも良いです。
レバー類の太さも良好で、操作感は良いです。
ナビが入ったら視認性は最適な位置だと思います、パネルのブラックも高級感ありますね。

6速のシフトノブはストロークも短く、カチッと入るので操作は楽しいと思う。
ペダル類の並びも操作しやすそうです、クラッチはストローク多めです。
実際に走ることが出来たら、軽いクラッチの信頼性も試してみたいものです。
アクセルとクラッチの重さは、決して負担に感じることは無いですね。
エンジンが掛かっていないので、ブレーキの重さは判りませんでした。

センターコンソールも標準装備らしい、小ぶりなケースになっているが使い勝手は良さそうです。
高さも肘を掛けて違和感は感じなかった、容量は微妙ですが見た目も良いです。
中にシガーソケットが在った、スマホの充電にも便利そうである。
コレも標準装備だという、おったまげである。

ハンドルに沢山付いているスイッチ、コレは気に入らないところです。
まるでゲームパッドみたいなスイッチ類に、少々テンションが下がりました。
何もそこまで横着しなくても、オーディオはセンターに手を伸ばせば良いのではないだろうか。
そもそもハンドルは、軽い方が良いに決まっている。
一番大きい運動を行う操作部である、余計なものは要らない。
このスイッチも標準装備、レスOPは無さそうです。

って言うか、標準装備が充実しすぎている感じです。
見積もりを作ってもらう際、殆ど仕様の確認はされなかった。
サイドエアバックもフォグも、はたまたナビまでも標準装備である。
まぁナビは数種類から選べるが、無しは選べない。
メーカーOPもほぼ選択肢は零で、選べるのは主に外観のオプションに限られます。
必要最低限の装備で安く手に入れるといった、ごく当たり前の作戦はほぼ使えません。
そこまで至れり尽くせりの装備、全てのユーザーが必要としているのでしょうか。
少なくともボクは、ナビは社外品の方が安くて使いやすいものが多いと思います。
レカロシートも入れたいので、サイドエアバックは要らないです。
オートエアコンより、マニュアルの方がメリハリあるし好みです。
フォグだって好きなエアロ付けたら付かない、みたいな事あるかも知れない。
アルミも16インチはタイヤがアレなので、15インチの社外品付けたいし・・・。

ホンダセンシング全グレード選択可能、装備はフル装備で購入者はみんな同様の仕様ですね。
個性を出していくのは、なかなか大変なクルマです。
殆ど変更することが出来ず、提示された見積金額は6速MTで253万円余り(センシング装備)。
殆ど考える部分が無く、楽しい部分がほぼスポイルされてしまいました。
こういう買い方が、今の普通なんですかね。

クルマを買うのも、敷居が高い時代になったんですね。
それでも買った後は、ああしたいこうしたいみたいな事はきっとある。
クルマの楽しみは、まだまだ残ってる。

試乗できる車が出たら、連絡くれるらしい。
乗ってみたら、きっと驚くことたくさんあると思う。
機会が在れば、実際にハンドルを回してみたいものです。
電子制御の挙動、是非体感したいですね。
スポーツ走行には向かないとも聞きますが、日常の走行ではその恩恵は大きいらしい。
そういった先進の技術と、上手に付きっていけるようにボクも成長したいものです。

そのためには・・・
実際に体験して、その挙動が違和感なく受け入れられる寛大さを身に着けないといけないね。

それよりも、まずは最新のクルマを手に入れないとね(´・ω・`)♪
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

不人気パーツはメーカーも確保数に違いがあるっぽい [自動車]

もう8月っすね笊蕎麦喰いたいっす砕蔵ですコンバンハ(´・ω・`)

先に事故で壊してしまったフィットくん、修理が一応完了しました。

純正部品でありながら、そのレア度の高さから入手困難となったアクティブバンパー。
既に9年を共にしたその顔、今更他のバンパーにすることが考えられず修理は難航していた。
何処かで新品を在庫しているところは無いか、板金修理で直せる業者は無いかとあちこちに問い合わせをした。
楽天市場には同バンパーをラインナップしている業者が数店あったが、問い合わせてみると取り寄せ商品とのことでメーカー在庫が無いのであれば当然販売は出来ないという。
目の前に餌をぶら下げられて、一生お預け状態っていう悲しきネットの常識。

修理業者もめぼしいところ数店絞ったけど、フォグガーニッシュとディライトガーニッシュは必要とのこと。
ディーラーに確認したところ、どちらも出ないとのことで断念。

他のメーカーのバンパーも、一応検討した。

無限 → フルバンパーは、なんかやり過ぎ感いっぱいだし付けてる人もいっぱいで☓
無限 → いっそ標準グレードのバンパーにアンダースポ組み合わせるか・・・ちょっと興味アリ
どっちもディライトは無くなるね~

アクシス → タイプRバンパーはかっこいいけど、こちらも付けてる人多いね
これもディライト無くなるし、グリルがなんか好きじゃない

コールマン → デイライトアリで個性的で且つつけてる人見たこと無い
すごく低くなりそうなボリュームと、買えるところ何処なんだよw

USバンパーっぽいSpoonさんのバンパー、残念ながら後期用で前期のフィットくんに取り付け可能かは不明。
その上、めっちゃ高価なうえにフィッティングに難ありとのネット情報もちらほら・・・。

やはり他の顔は自分の中で想像できず、途方に暮れて作業は一向に進まない期間があった。
行き詰ってしまったボクは、ホンダのお客様相談センターに直談判した。

Saizoh>>純正オプションのバンパー、無いなら造ってちょんまげ♪

客サからは折り返しの連絡は有りませんが、翌営業日にディーラーから直電が入った。

D>>アクティブバンパー、在庫あったそうです

Saizoh>>なにぃ!? どういうことだよ??

在庫管理システム上での何かしらのエラーで、正確な在庫数がディーラーで確認できない状態だったようです。
何にしても新品が入手できた、それからは急ピッチで修理も進みました。
っていうか連休前かつDの夏季休業日前の納車を完了する為、突貫で修理してくれたみたいです。
そして無事、フィットくんご帰還♪

IMG_0972.JPG

預かっていた代車のシビックは、色々と馴染めなくて殆ど乗らなかった。
代車は無くてもウチには「じいさん」が居るし、別に問題は無かった。
やはりフィットくんはイイ、その走りもブレーキも足回りもボク好みで実にご機嫌だ。

そしてもちろん、ハンサムな顔もそのままに帰ってきたのが一番嬉しかった。

突貫の為か、右フォグの取付け少しおかしくないか?

IMG_0973.JPG

気にしなければ全く気にならないところで、他の人はきっと気付きもしないところではあると思うが・・・。
まぁこの辺は、また期を見ておいおいってことで。

曲がってしまったインナーフェンダーも、新品になって接触も全く無し。

IMG_0974.JPG

元通りだ、満足しないわけがない。
我が家に来た時からこの顔のフィットくん、あまりのレアさに違和感を感じたこともあったけど。
今ではすっかり慣れた、と言うかこの顔じゃなきゃダメになっていた。

部品が確保できるっていうことは、クルマと付き合ううえで非常に大切だと実感しました。
この件に限らず、走っていればクルマは大なり小なり壊れる可能性を秘めています。
どんなに大きな故障も、部品が揃えば大方直すことが出来ます。
ところが逆の場合、たとえ軽微な故障でも命取りの可能性がある。

今回はバンパーが揃い、無事に復活することが出来た。
以前と変わらぬ愛情を、フィットくんに注いでいけると思います。
これが例えば別の顔になってしまったら、所有熱に温度差が出たかもしれない。
薄れた情熱はクルマを維持するうえで、どんな悪影響を及ぼしたのだろうか。
クルマを大切にしなくなるとか、メンテがおざなりになっていくとか。
運転自体にも、丁寧さが薄れていくのかも知れない。
それは所有者にも、もちろんクルマにも不幸な事だと思います。

大事にしてあげれば、クルマは結構長持ちすることを知っています。
クルマは10年で値無しで寿命みたいなこと、昔誰かが言っていた気がします。
ウチのじいさん、とっくの昔に大往生してるネ。

気に入ったクルマと、永く付き合えるって幸せだと思う。
でも今の日本の体制は、古いクルマにはとっても厳しいです。
税金や保険が高いとかは、ボクはそれなりに理解してるし我慢できます。
でも修理がし辛いのは、各メーカーさんに是非とも頑張ってほしいところです。

やばい、愚痴が多くなってきた。

さて無事治った訳だし、気分を入れ替えてまた明日から仕事も頑張ろう。
そして週末は、楽しいカーライフをですよん。

今度の連休は、「fun2drive」さんでハコスカとAE86を予約した会員登録した♪
どちらもとっても古いクルマ、個人での所有には荷が重い子たちです。
レンタルで乗るのが、恐らく一番現実的だと思う。
初めて乗るので、今からとても楽しみです。
チョイ乗り評論ツアー、相方と二人交代で乗ってきます。
じいさんより古いクルマだが腐っても名車である、どんなオーラを発するのか確認できると良いな。
そんな楽しみを実現する為、営業日はせっせと仕事に精出す砕蔵でした。

しっかしレンタル料高いな普通のレンタカーとは別物ではあるけれど・・・(´・ω・`)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

事故と不人気顔と生産終了と [自動車]

学生さんは夏休みですね羨ましいっす砕蔵ですコンバンハ(´・ω・`)

砕蔵と不愉快な仲間たちは、先週日光へ行ってました。
旅行自体は楽しいものでしたが、帰り掛けにやってしまいました。

突然の豪雨に視界を奪われ、背の低いブロック魂(立て看板の土台)にフィット君を突進させた。

DSCN7410.JPG

幸い家族は同乗しておらず、ブロックの所有者にぶつけたことを話したが賠償の必要もないと言われた。
後でブロックを元の位置に戻そうとしたが、物凄く重くて非力なボクには動かせなかった。

20センチ以上動いていたから、さぞかしフィット君は痛かったことだろう。

タイヤは曲がっている様子も無く、自走可能に思えたのでそのまま帰路についた。
しかしあの重さを受け止めた訳で、ただでは済まなかったようです。

直進は問題ありませんでしたが、ハンドルを左に切ると何かが接触している。
良く見てみると、右インナーフェンダーが変形して内側に出っ張ってました。

DSCN7416.JPG

左には大きく切ることが出来ないので、帰りの120㌔の運転は気を遣うし怖かった。
まぁ、自業自得なんですけどね。

ダメージ自体は、それほど大きいとは感じなかった。

DSCN7417.JPG

早く治してあげようと、すぐに修理の手配をしました。
クルマをディーラーに引き渡し、一安心したのですが・・・。
そんなに簡単な事ではなかった、大きな落とし穴がありました。

アクティブバンパー、既に生産終了していて在庫も無いそうです。
つまり、同じバンパーが付けられないという事になる。

フィット君は、我が家に来た時からこの顔でした。
ホンダ純正オプションでありながら、不人気で殆ど見ない不幸なフルバンパー。
でもボクは、カタログを一目見た瞬間からコレしか無いと感じた。
何故不人気なのか判らないけど、ボクには戦闘機のように見えて魅力的だった。

p1.jpg

出会ってから9年、当たり前だったこの顔が変わってしまうかもしれない。
ホンダ純正ならって、どこかで安心していたかも知れない。
標準部品ならともかく、オプション品はサポートも薄いようです。

多くの人が装着している「無限のフルバンパー」には、今更変えたくない。
その他のメーカーからも多数販売されているが、張り出しの大袈裟なヤツとかは好きではない。
この上は標準バンパーになるのかな、という気がします。
そもそもアクティブプラスにした時点で、RS感を潔く切り捨てたウチのフィット君である。
バンパーだけRSに戻して、不恰好にならないかが心配でならない。

この際思い切って、標準グレードのバンパーにするというのも手かも知れないね。
RSらしさを一切持ち合わせないのだから、標準バンパーに無限のリップとか良いかも・・・。
それならグリルは活かせるから、ホンダのエンブレムも残せるしアリかも・・・。

諦めた訳では無いが、八方手を尽くして未だ吉報は無し。
今のバンパーを板金修理するってのも考え、直せそうな業者に話も聞いた。
結論はそれほど目立たないくらいには直せそうなのだが、フォグガーニッシュやディライトガーニッシュが必要だとのこと。
残念ながら、それらもホンダでは部品の供給は終わっているとのことでした。
ギリギリまで悪あがきをして、最悪でも落としどころだけは考えておこう。

ボクの不注意が全ての原因だ、フィット君には本当に申し訳ないことをした。
安全には十分気を配っているつもりでしたが、足らなかったんですね。
これを教訓に、更なる安全運転を心がけます。

みなさまも、安全運転で楽しいカーライフをおくってください。

USフィット・スポーツのバンパーは格好良いけど日本車には付かないんだよね(´・ω・`)
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車
前の10件 | -
Copyright (C) 2002-2008 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.ブログを作る(無料) powered by So-netブログ kie02_3.gif